HOME > V-jet工法 > 進化するジェットグラウト技術に関する国際シンポジウムの開催および論文募集のご案内

進化するジェットグラウト技術に関する国際シンポジウムの開催および
 論文募集のご案内  更新日2020年4月23日

開催日 2020 年10 月01 日(木)10:00~17:30
会場 東京国際フォーラム・D5ホール(東京都千代田区丸の内3-5-1)
主催 V-JET協会
後援(50音順) 公益社団法人地盤工学会
公益社団法人土木学会
公益社団法人日本材料学会地盤改良部門委員会
Southeast Asian Geotechnical Society
Taiwan Geotechnical Society
趣旨 V-JET協会は設立10周年を迎え、これを記念して「進化するジェットグラウト技術に関する国際シンポジウム」を開催いたします。このシンポジウムは国内外のジェットグラウト技術に関する基調講演と今後の様々な方向性を示唆する記念講演や技術発表を通じて本技術における将来の展望を考えていく場と位置づけております。ご多忙中とは存じますが、是非ご参加いただけますようご案内申し上げます。
テーマ 国内外におけるジェットグラウト技術に関する適用事例、試験、
調査・改良効果の予測・評価、材料、新技術、研究開発等
論文申込締切 概要2020 年 3 月31日(火) 本論文2020 年 6 月30日(火)
論文申込費用 無料(口頭発表10編程度、質疑応答時間を含め12分/編程度を予定)
参加費用 5,000 円(予定 シンポジウム参加費ならびに概要集費として)
プログラム (準備中)
参加申込 (準備中)
※CPDS 認定 本シンポジウムは、「建設系継続教育(CPDS)プログラム認定」の申請を予定しております。

論文申込要領

論文の内容は上記テーマに関するもので、申込みはE-mail によるものとし、「進化するジェットグラウト技術に関する国際シンポジウム論文申込み」と標記し以下事項を明記してお送りください。
(1) 論文題目 (2) 著者の氏名・所属 (3) 連絡先(住所・電話・E-mail)
(4) 論文概要(和文500 字および英文300 words 程度)
概要が採択された場合、A4 用紙 2~8 の偶数枚の論文原稿を提出していただきます(英語による論文提出・発表も可)。原稿は2 名以上による査読を行い、採択の結果を連絡いたします。査読に基づいて原稿の修正をお願いすることもあります。口頭発表については、採択された論文より10編程度を予定しています。なお、著作財産権は投稿によりV-JET協会へ譲渡に同意したものとさせていただきます。

【1】論文発表申込書式(Excelファイル)
【2】本論文投稿書式

申込み・問合せ先

V-JET協会 進化するジェットグラウト技術に関する国際シンポジウム係

〒150-0042東京都渋谷区宇田川町37-10-501
Tel: 03-3485-1241 Fax: 03-3485-1245
E-mail: info@nitjet.com(担当:中西)
※個人情報は諸連絡、行事案内等の本事業運営のみに使用させていただきます。


International Symposium on Evolving Jet Grouting Technology
 APRIL 23, 2020 UPDATED

Date October 1st, 2020 (Thu) 10:00-17:30
Venue Tokyo International Forum D5 Hall
Host V-JET Association
Supporter Organization Japan Society of Civil Engineers
Japanese Geotechnical Society
Committee on Ground Improvement, JSMS
Southeast Asian Geotechnical Society
Taiwan Geotechnical Society
Objective To celebrate the tenth anniversary of the V-JET Association, we will hold the " International Symposium on Evolving Jet Grouting Technology ", We will use the keynotes related to Jet Grouting technology in Japan and abroad, as well as various commemorative lectures and technical presentations to inspire future trends, to consider the future prospects of this technology as the main theme of this seminar. Therefore, this symposium will invite papers on the following topics and welcome contributions.
Topics Cases related to Jet grouting technology in Japan and abroad, investigations and tests, prediction and evaluation of improvement effects, materials, new technologies, research, and development, etc.
Application Deadline Abstract: March 31, 2020 (Tue) Full paper: June 30, 2020 (Tue)
Application fee Free
Participation fee 5,000 yen (Participation fee for seminars and seminar production fee)

 

Event guide & Call for papers

Application Procedure

The content of the paper must be related to the above topics. The application method should be submitted by E-mail, and indicate the following:
(1) Subject of the paper
(2) Name and affiliation of the author
(3) Contact address (address, phone, e-mail)
(4) Abstract of the paper (about 500 words in Japanese and 300 words in English)
After the abstract review is completed, please use A4 paper and submit the original manuscript in an even number of pages 2 to 8.
The manuscript will be reviewed by 2 or more members and the result of the review will be notified. Depending on the results of the review, there will be a request to amend the original.
In addition, you must agree to transfer the copyright property rights to the V-JET Association as a result of submission.

【1】Jet Grouting technology application
【2】Recommendations for Preparation of a Technical Paper

Application/Contact Information

International Symposium Officer on Symposium on Evolving Jet Grouting Technology
of the V-JET Association
Add: Tokyo-to Shibuya-ku Udagawa-cyo 37-10-501
Tel: 03-3485-1241 Fax:03-3485-1245
E-mail: info@nitjet.com (N.I.T.Inc. Yasuharu Nakanishi)

※Personal information will be used only for the management of this business such as contact and event information.